土人ブーム(no.4637): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

ありえるぷらねっとへようこそ!

またも “文春砲” が炸裂した。2016年10月27日発売の週刊文春によると、2015年末の「日本レコード大賞」を受賞した「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下三代目JSB)が、審査員を買収したというのだ。

しかも、芸能界で絶大な権力を誇るとされる芸能プロダクション「バーニングプロダクション」が一枚かんでいるというから穏やかではない。詳しくは週刊文春をご覧いただきたいが、この報道に三代目JSBファンは大激怒! ネット上はブチギレまくりのコメントであふれている。

・レコード大賞の審査基準
第57回までが開催された由緒正しき音楽の祭典、日本レコード大賞。過去には「美空ひばり」「沢田研二」「サザンオールスターズ」「Mr.Children」「GLAY」「安室奈美恵」……などなど、そうそうたるメンバーが大賞を受賞している。

特徴的なのは審査方法で、単純に売り上げだけで大賞が決まるわけではないということ。その基準は日本作曲家協会によると、以下の通りとなっている。

「作曲、作詩、編曲を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な作品とする。優れた歌唱によって活かされた作品で大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る。審査対象は『優秀作品賞』に選ばれた作品とする」

つまり、審査員による主観的な見解が大きく反映されるシステムとなっており、今回の報道はさておき、審査員の買収が可能かどうか考えれば「可能」と言わざるを得ない審査方法だといえる。
http://rocketnews24.com/2016/10/27/817935/













このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事