印象(no.3898.3760.1883): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

ありえるぷらねっとへようこそ!



PM5話から登場。細目が特徴のポケモンブリーダーで、サトシの親友。両親が出て行ってしまったことで多くの弟・妹の面倒を見てきたため、家事がとても得意。一緒に旅をする仲間がタケシより年下であるため、キャラクターとしては保護者的な位置づけである。当初は世界一のトップブリーダーを目指して旅をしていたが、DP終盤にてポケモンドクターを志望するようになる。一人称は基本的に「俺」だが、美女の前では「自分」になり口調も丁寧になる。
基本的に冷静且つ温厚な性格だが、年上の綺麗な女性を相手にした場合など(後述)に情熱的な一面を見せることもある[3]。また仲間たちの喧嘩を仲裁したり、旅先で出会う様々な人々を励ましたり、親身になって助言するなど、非常に面倒見が良く包容力がある。作中で描かれる機会は少ないものの、強い正義感の持ち主でもある(ウィキペディア)。




このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
アニメの美少女キャラクターを使った岐阜県美濃加茂市観光協会のポスターに「セクハラだ」などの批判が相次ぎ、協会側が駅に張ったポスターを撤去したことが分かった。協会側は「市や市主催の催しに悪い印象を与えたくないため」と説明している。

 このキャラクターは美濃加茂市の農業高校をモデルに描いた人気ライトノベル「のうりん」に登場する美少女。昨年1〜3月にテレビアニメ化され、人気となった。このキャラクターを使ったポスターは、11月7日から開催している市主催のスタンプラリーの宣伝用に同協会が製作した。11月上旬から同市のJR美濃太田駅に掲示する一方、チラシも作り、地元商店に配布。11月4日には公式ツイッターに投稿した。

 これに対し、「このイラストでは(イベントに)家族や恋人同士では行きたくない」「人気を集めりゃなんでもいいわけじゃない」などとインターネット上で批判が上がり、協会側は同29日、駅のポスターを撤去した。

スタンプラリーは市内の飲食店を利用しスタンプを集めると、特製グッズがもらえる企画で今回が4回目。市によると、過去3回も別の美少女キャラで宣伝したが、今回のような批判はなかったという。
http://mainichi.jp/select/news/20151202k0000m040118000c.html

美濃加茂市ののうりんポスター批判に対するとある地方商工会会員としての感想(思想的要素は全くありません)
http://togetter.com/li/906654




















このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Japanese girls party be like 



仕方ないね。

【花柄ワンピ】教授の家へ女子大学生がお呼ばれされる時のファッションがこちら。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事