スクールソーシャルワーカー(no.2413): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

ありえるぷらねっとへようこそ!



うまく活用できる社会になればいいですねぇ。
国家免許化はプロセスが長くなるようなので、ちょっと微妙な気も・・・

自民党の教育再生実行本部は、社会が複雑化するなか、学校教育にも多様な人材が携わることが必要だとして、教育や社会福祉の専門知識を持つスクールソーシャルワーカーなどを、すべての学校に配置することを目指すとした提言案をまとめました。
提言案では、「社会が複雑化するなか、多様な課題に対応できる学校にするためには、優秀な教員を確保しながら、学校教育に多様な人材が積極的に参加して、それぞれの専門性を十分に発揮する必要がある」としています。
そのうえで、教育や社会福祉の専門知識を持ち、問題を抱えた子どもの支援に当たるスクールソーシャルワーカーとスクールカウンセラーについて、位置づけや職務内容を明確にしたうえで、すべての学校に配置することを目指すとしています。
また、教員にすぐれた人材を集めるため、養成・採用・研修の見直しや、現在、都道府県の教育委員会が授与している教員免許を、国が授与する制度に変える「国家免許」化を行うとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150426/k10010061201000.html













このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事