アメリカ(no.4688.3797.3436.3217.3033): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

ありえるぷらねっとへようこそ!










このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
米FOMC政策金利発表 とは
連邦公開市場委員会。日銀の金融政策決定会合に相当する金融政策の最高意思決定機関で、決定された公開市場操作の基本方針がNY連銀に向けて指令される。年8回、約6週間ごとにワシントンの理事会議室で開催。1日又は2日開催され最終日(夏時間:日本時間午前3時15分、冬時間:日本時間午前4時15分)に結果を発表。
http://fx.minkabu.jp/indicators/01001

その後、18日に日本の黒田総裁発言で大荒れ待ったなし!
スケジュール
http://www.gaitame.com/market/yosoku.html

【CHF】歴史的すぎるスイスフランの暴走・スイス円【FX 画像】
【為替】ドル円、126円に迫る!!ドンドン円安!

[ワシントン/ニューヨーク 12日 ロイター] - ダドリー米ニューヨーク連銀総裁をはじめ、連邦準備理事会(FRB)当局者の間で12日、12月利上げの可能性を示唆する発言が相次いだ。

ダドリー総裁は「現時点で速過ぎる行動と遅過ぎる行動のリスクはほぼ均衡しているとみられる」と言明。米国の中立な実質短期金利は極めて低水準である公算が大きく、連邦公開市場委員会(FOMC)は金融引き締めの適切な開始時期について「慎重に検討する」必要があるとの認識を示した。

さらに「FOMCが金融政策の正常化を開始する上で設定した条件が早期に満たされることは十分あり得る」と指摘。足元5%の失業率は今後、インフレにとって脅威となる「持続不可能な低水準」まで下がる可能性があるほか、過去7年にわたる実質ゼロ金利政策は金融市場を歪めるている恐れがあるとした。

その上で、金融政策の時期をめぐり、インフレ面で明白な兆候が確認できるまで行方を見守ることは望ましくなく、FRBはリスク管理を行う上で「一段と早く、一段とゆっくり」が現時点で最善となる可能性があるとの考えを表明した。

フィッシャーFRB副議長は、ドル高やエネルギー価格下落に伴う圧力が後退するにつれ、FRBが参考とするインフレ指標の上昇率は現在の1.3%から、来年には1.5%程度に上昇する、と指摘した。
http://jp.reuters.com/article/usa-fed-idJPKCN0T12SF20151113
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
駐アフガニスタン国際部隊は3日、反政府勢力タリバンに一時占拠された北部の要衝クンドゥズでの軍事作戦中、米軍が国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」の病院を誤爆した恐れがあることを明らかにした。
 MSFは医療関係者ら3人が死亡、30人が安否不明と発表した。
 国際部隊によると、米軍は3日未明(日本時間同日朝)、武装勢力に対する空爆を実施。その際、「付近の医療施設に損害を与えた可能性がある」という。
 MSFは声明で「病院は複数回にわたって爆撃され、大きな損害を受けた。全ての戦闘従事者に対し、医療施設やスタッフの安全を尊重するよう要求する」と訴えた。空爆時には、医療関係者80人以上と患者105人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151003-00000050-jij-asia











このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連単語タグアメリカ
  • 太平洋戦争で日本の同盟国は? アメリカ・・・ロシア・・・イギリス!? 2015/8/4
    ご注意を(=_=

    日独伊三国同盟(にちどくい さんごく どうめい、独: Dreimächtepakt、伊: Patto tripartito)は、1940年(昭和15年)9月27日に日本、ドイツ、イタリアの間で締結された日独伊三国間条約(にちどくい さんごくかん じょうやく、旧字体:日獨伊三國閒條約)に基づく日独伊三国の同盟関係。第二次世界大戦における枢軸国の原型となり、その後複数の枢軸側に与した国や友好国も加盟した。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%8B%AC%E4%BC%8A%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%90%8C%E7%9B%9F










    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
     酒のつまみの代表格といえば、柿の種。最大手の亀田製菓は2008年から米国での販売に乗り出し、ファンを広げている。手軽に食べられ、独特の食感がやみつきになる柿の種本来の魅力に加え、小麦アレルギーの原因物質である「グルテン」の徹底排除を前面に打ち出したことが健康志向の米国の消費者を捉えた。

    米西海岸のスーパーマーケット。「カメダ・クリスプ」という商品名で、おなじみの三日月形をした柿の種が並んでいる。しかし、その味はブラックペッパー、バーベキューなど完全に現地仕様。スイートチリはピリ辛のしょうゆ味だが、日本のものに比べ辛さは3倍にしているという。

     ロサンゼルスでのテスト販売からスタート。地元スーパーを訪ねては試食会を繰り返したが、反応は散々だった。「なぜしょうゆ味しかないんだ」「ピーナツは必要なのか」。米国でなじみ深いクラッカーでもチップスでもない未知の食べ物に、消費者もスーパーも振り向いてくれなかった。「社内からも米国進出はやめるべきじゃないかという声が常に上がっていた」。柿の種の海外戦略を担った執行役員の古沢紳一さんは振り返る。

    だが、間もなく米国でグルテンを使わない食品のブームが起き、コメを原料にした柿の種にも注目が集まった。同社は13年、日本で素焼きした柿の種を米国に送り、現地で味付けを行う独自のシステムを開発、調味料を含めたグルテンフリーを実現した。

     値段は日本の倍以上もするが、14年の売上高は前年比5割増。ランチ代わりに食べるなど米国独自の消費スタイルも広がっているという。年間売上高はまだ1億円程度だが、数年で10億円台に乗せたい考えだ。「柿の種という新しいジャンルを米国に定着させたい」と古沢さん。世界最大の菓子市場の席巻を狙っている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00003299-bengocom-soci



    柿の種が主食!?








    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事