アダムズ方式(no.3892): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

ありえるぷらねっとへようこそ!
  • 関連単語タグアダムズ方式
  • 衆議院の選挙制度の見直しを巡り、22日、共産党と社民党を除く9党は、有識者調査会の答申どおり定数を10削減する考えを大島衆議院議長に伝えました。一方で、都道府県への小選挙区の数の割りふり方を「アダムズ方式」と呼ばれる計算方法に変更することについては、与党の間でも意見が分かれていて、今後の協議では、「アダムズ方式」の扱いが最大の焦点となりそうです。
    衆議院の選挙制度の見直しを巡り、大島衆議院議長は、22日、各党の代表者と個別に会談し、議員定数を10削減するとともに、都道府県への小選挙区の数の割りふり方を「アダムズ方式」と呼ばれる計算方法に変更するなどとした有識者調査会の答申に対する考え方を聞きました。
    その結果、定数の削減について、共産党と社民党は「国会の政府を監視する機能を弱めることになる」として反対しましたが、自民党や民主党などほかの9党は、答申どおり、小選挙区で6、比例代表で4、それぞれ削減することを受け入れる考えを伝えました。
    一方、「アダムズ方式」への変更については、民主党、公明党、維新の党などが受け入れる方針を示したのに対し、自民党は「関係する選挙区が多く、影響が大きい」として、今回の見直しでは変更しない方針を伝え、与党の間でも意見が分かれました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160223/k10010418481000.html





    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事